2017年03月13日

バスチャンの日繰りG

それで、彼は21日間断食して
「もう一度ジワンが帰って来て教えてください」と
祈ったのです。

するとどこからかジワンが帰って来て
教えてくれたのです。

そして
バスチャンと別れの水杯をして、
ジワンは海上を歩いて
遠くへ去って行ったと言われています。
posted by 日本教会史 at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

バスチャンの日繰りF

バスチャンはジワンという神父の弟子になって
ともに伝道していましたが、
あるときジワンは国に帰るといって
姿を消してしまいました。
バスチャンはすでに日繰りの
繰り方をジワンから教えられていましたが、
まだ十分には納得していませんでした
posted by 日本教会史 at 01:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

バスチャンの日繰りD

このバスチャンについての伝承が、
どこまで信憑性を持つものかはわかりませんが、
確かに「バスチャンの日繰りがいまも残っており、
それがキリシタンたちにとって
どれほど大きな力であったかということは、
決して否定することのできない事実なのです。
そしてそれはバスチャンの切なる断食を伴った祈りを通して
主が与えられたものだったのです。

1人の伝道師の切なる祈りが
その後250年間続いた迫害の中で
人々の信仰を支える力となりました。
1人の真実な祈りは主の心を動かし、
その祈りの答えは多くの人々の信仰をも
引き上げ建て上げていきます。
posted by 日本教会史 at 10:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする