2017年05月30日

役人の目を盗んで

それでも信者たちは、
役人の目を盗んでは、
夜となく昼となく、
天主堂に入りこんでオラショを唱え、
神父たちと話をするのでした。

それが役人の目にあまりひどく映ると、
新しい迫害が起こるかもしれません。
posted by 日本教会史 at 13:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

キリシタンの復活

7代250年間待ち続けていた神父が、
ついにやってきたのです。

イザベリナゆりたちが
フランス寺で会った異人が
その神父であるということは、
その日のうちに
浦上中に知れわたり、
浦上の全村民が
知るところとなりました。

するとその翌日から、
浦上の信者たちは続々と、
早朝から天主堂へ
来るようになりました。

しかし、
日本はまだ、
厳重な禁教下にあったので、
役人たちの警戒もまた、
急に厳しくなりました。

posted by 日本教会史 at 16:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

浦上信徒発見16

こうして、
浦上のキリシタンが、
発見されたのです。

そして、
それに引き続いて、
長崎県だけでも数万人もの
キリシタンが潜伏していることが、
明らかになりました。

1614年1月の大禁教令から251年にわたる、
厳しい迫害と殉教の期間を
潜伏し続けたキリシタンは、
ついに復活したのです。

これは
他国に類を見ない出来事として、
世界宗教史にでも
注目されています。
posted by 日本教会史 at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする