2017年07月18日

捕縛2

そして、
預言通りに
7代250年たった時に、
神父がやって来たのです。

「ワタシノムネ
アナタトオナジ」

この言葉をもって復活した
キリシタンたちは、
うれしくてうれしくてたまりません。

それまで隠れ続け、
待ち続けてきた
キリシタンたちは、
毎日のように
天主堂に通い、

熱心に祈り、
みことばを学びました。
【関連する記事】
posted by 日本教会史 at 18:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

捕縛

これから
「浦上四番崩れ」について
書いていきたいと思いますが、
その前に今までに書いて来たことを、
簡単にまとめておきます。

激しい迫害の中で
潜伏したキリシタンたちは、
バスチャンの残した
予告預言を信じて
7代250年間、
罪の告解を聞いてくれる神父が
来るのを待ち続けていました。
posted by 日本教会史 at 07:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

浦上四番崩れ7

その結果、
この問題は江戸幕府と
上記各国による外交団との間に移され、

外交団は毎日のように、
この問題をもって
幕府に迫りました。


しかし、
徳川250年の間に培われた
キリシタン邪教観は根深く、
なかなか解決はしなかったのです。

そして、キリシタン事件を
解決できないまま、
幕府は
瓦解してしまうのです。
posted by 日本教会史 at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする