2017年06月03日

役人の目を盗んで4

一方では、
大浦天主堂の屋根裏部屋に、
村々の代表や青年たちを集めて、
いろいろと教えました。

そして
伝道士として村へ帰しました。

こうして彼らの信仰は、
日ごとに強められ、
燃やされていったのです。
posted by 日本教会史 at 08:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

役人の目を盗んで3

プチジャン神父は、
ちぢれ髪やひげを剃り落とし、
シェロの毛を黒く染めて作った
かつらをかぶります。

そして
日本の農民の着物を着て、
わらじを履いて
角帯を締め、
手ぬぐいをほおかぶりして
日本人に化けるのです。

そうやって、
夜中に
山の中の小道を案内されたり、
小舟に乗せられたりして、
村や島々を回りました。

posted by 日本教会史 at 07:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

役人の目を盗んで2

そこで、
プチジャン神父は
信者たちに、
天主堂に来るのを
遠慮するように言い、
自分の方から出て行って
信者の代表と会うことにしました。

また、信者の
隠れている村々や
島々へも
出かけることにしたのです。
posted by 日本教会史 at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする