2017年06月27日

浦上四番崩れ

1867年7月15日の早朝3時頃、
大雨をついて
安藤矢之助の指揮する捕手たちが、
数隊に分かれて
浦上の秘密聖堂や
主だった信者の家を襲い、
踏み込みました。

秘密聖堂は
散々荒らされ、
68人が捕らえられて
桜町牢に入れられました。

これが「浦上四番崩れ」
と言われている
大迫害の発端です。

posted by 日本教会史 at 17:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

自葬問題8

これで、ついに
浦上村よ人々が
キリシタンであることが、
明るみに出たのです。

そこで長崎奉行所では、
たくさんの間者を
浦上に潜入させ
名簿を作り、
主だった指導者たちのことや
4ヶ所の秘密聖堂の坪数、
間取りまで詳しく調べで
させていました。
posted by 日本教会史 at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

自葬問題7

庄屋があわてたのも無理はありません。

「それでは聖徳寺との縁を
切りたい者の名簿を出せ」と、
言ったところ、

本原郷400戸
家野郷100戸あまり、
中野郷100戸というように、

元来の仏教徒と
裕福ではあるが、
信仰心の薄かったキリシタン
30戸だけを除いて、

村人のほとんど全部が
名を連ねたのです。
posted by 日本教会史 at 07:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする