2014年08月29日

赦しながら•••パウロ三木 E

西坂の丘に子供たちが歌う詩篇113篇の賛美とともに天国が降りてきました。
その中で彼らは十字架の赦しを聞いたのです。
人々は感動していました。
多くの人が泣いていました。
あの半三郎さえ泣いていたと言われています。
けれどもそれは悲しみの涙ではなく、永遠の天の命に触れた感動の涙でした。
このとき彼らの殉教を通して多くの人々がキリストに立ち返ってきたと言われています。