2014年05月22日

天国 / Heaven

  ルドビゴ茨木は刑場である西坂の丘についたとき、自分がかかるために用意された十字架に走り寄り、それを抱きしめて頬ずりし、口づけしたのです。そして十字架の上にかけられたとき、かたわらで十字架にかけられていた13歳の少年アントニオとともに、高らかに詩篇113篇を、歌ったのです。
「子らよ。主をほめたたえまつれ」と(新改訳は、主のしもべたちよ)。
  そのとき西坂の丘に天国が降りてきました。いままで見せしめのために極悪犯罪人がいつも殺されていた苦しみと悲しみとの地獄の場所に、天国が降りてきたのです。
  このときのことはまた来月号以降で詳しく書くことにしましょう。


     When Luis Ibaraki arrived at the hill of Nishizaka that was a execution site, he went up to the cross he was supposed to be put on, and kissed it, embracing and rubbing his cheek against. Being put on the cross, he sang Psalm 113 loudly with little Anthony aged 13, put on the cross besides him.
“His children. Praise the Lord.”   ( in New Revised Version, servants of the lord)Praise the Lord!
Praise, O servants of the Lord;
    At that time, heaven came down on the hill of Nishizaka.  Heaven was coming down on the place of hell where villainous criminals used to be killed as an example to others.
    I will write precisely about this matter after the next issue
posted by 日本教会史 at 21:39| Comment(0) | 26聖人、殉教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする