2017年01月25日

過酷な拷問G


それで、これから拷問を受けようとしていた5人もすっかり気を落としてしまい、
残っていた人たちもみんな
爪印を押してしまったのです。
ただひとり、
高木仙右衛門だけを残して。
posted by 日本教会史 at 19:56| Comment(0) | 26聖人、長崎、殉教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

キリスト教邪教観D


政府へ抗議して来られ、政府は困って、

一、切支丹宗門之儀は、是迄御制禁の通り、
  固く相守るべく候事。

二、邪宗門之儀は固く禁じ之事。
posted by 日本教会史 at 17:37| Comment(0) | 26聖人、長崎、殉教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

浦上四番崩れC

わった明治新政府は
神道を中心に天皇政治を目指したため、
キリシタンに対しては迫害の手をゆるめるどころか、
ますます厳しくなりました。
そのため、キリシタンへの迫害と弾圧は外交上の問題となりました。
明治6年、すなたち1873年になってやっとこの問題は解決し、
キリストを信じることが認められたのです。
しかしそのためには
「浦上四番崩れと言われている明治政府による
キリシタン弾圧の中での
厳しい迫害と殉教を通過しなければならなかったのです。

posted by 日本教会史 at 21:27| Comment(0) | 26聖人、長崎、殉教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする