2015年01月10日

浦上四番崩れー悲しみを喜びに

浦上に仮聖堂を建てる計画を作り、まずは適当な場所を探しました。
そこで、瓦ぶき平屋で、200人ぐらい収容できる離れ座敷を仮聖堂にあてました。
しばらくは、ここに大浦からポアリエ神父が通っていましたが、聖務が忙しくなると、ここに住み込んで奉仕されました。

そして1880年、高谷庄屋敷跡を買い取って補修し、仮聖堂としました。
 この高谷家は、もともと浦上の庄屋で、キリシタンの召し捕りや吟味のあるごとに自ら手伝い、毎年正月には浦上の人々を召し出して絵踏みを実行していた家です。
posted by 日本教会史 at 09:55| Comment(0) | クリスチャン、殉教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

あとがきG

時代は週末の様相を示してきています。今こそ私たちは目を覚まして、キリストへの信仰を取り戻し、
キリストとともに神さまの用意された本当の祝福の道を歩むべき時なのです。
posted by 日本教会史 at 09:00| Comment(0) | クリスチャン、殉教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

あとがきF

そのことを、かつての浦上の人たちは知っていました。しかし今、かつて浦上の人たちが命をかけて守り続けたもの。
「キリストへの信仰」。
それは、どこにあるのでしょうか。

kinenhi.jpg
posted by 日本教会史 at 09:00| Comment(0) | クリスチャン、殉教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする