2019年09月15日

二十九  キリシタンの潜伏1−浦上のキリシタン

潜伏して信仰を守り通したキリシタン

 しかしそのような中で、長崎の浦上には地下に潜伏したキリシタンたちがいたのです。彼らは帳方(ちようかた)・水方(みずかた)・聞役(ききやく)という地下組織を作って、なんと250年間、信仰を継承し守り通したのです。彼らは、この国、日本で再びキリストを信じる信仰を公にすることができるようになる日まで、7代にわたって信仰を継承し命をかけて守ったのです。
posted by 日本教会史 at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。