2019年07月14日

二十  西坂の丘でー殉教始まる

1596年12月に京都と大阪で捕らえられ、翌1597年1月3日に耳そぎをされて 始まった彼らの殉教への旅も、ついに終わる時がきました。 1597年2月5日、西坂の丘に26本の十字架が立ちました。26人の殉教者たちは、キリストと同じように、その十字架につけられていました。くぎ打たれたわけではありませんが、その手足は、しっかりと鉄枷で留められていました。
posted by 日本教会史 at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。