2019年07月09日

十九  十字架の上からの説教

十字架の上から赦しながら
「ここにおられるすべての方々、私のいう事をお聞きください」その声に、人々は思わずも耳をそばだてて聞き入ります。「私はフィリッピンから来たルソン人ではございません。れっきとした日本人でございます。そして最後の説教が、イエズス会の修道士でございます。私は何の罪も犯したわけではございません。ただイエス・キリストの福音を宣べ伝え、その教えを広めたという理由だけで殺されるのです」
posted by 日本教会史 at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。