2018年12月18日

三十七  浦上四番崩れー捕縛

 そうしている間にも、「入牢者には拷問を加えない」という外交団との約束は破られ、長崎では捕らえられた68人に説得やひどい拷問が加えられていました。また、彼らが、捕らえられた後にも、浦上では、死人が出たとき坊さんを呼ばない人たちはが、次々に桜町牢に入れられていました。
posted by 日本教会史 at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。