2018年10月15日

三十  キリシタンの潜伏2−崩れ

そして1856年「浦上三番崩れ」がおこります。これも密告によるものでした。最高指導者の帳方吉蔵をはじめ、多くの指導的人物が投獄され、非道な拷問を受けます。この時の拷問はあまりに厳しく、この時に転んで仏教徒になった者も、かなりいるようです。
1860年に事件は決着しますが、吉蔵は牢死、この利八は所払いになり、初代孫右衛門から吉蔵まで7代続いた帳方は、その後置かれなくなり、1865年の信徒発見を迎えます。水方も4人のうち1人だけが生き残りました。
posted by 日本教会史 at 05:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。