2018年10月09日

三十  キリシタンの潜伏2−崩れ

「試練に耐える人は幸いです。耐え抜いて良しと認められた人は、神を愛する者に約束された、命の冠を受けるからです」
(ヤコブの手紙1章12節)
崩れ

 キリシタンの潜伏時代には、たびたびキリシタンの検挙事件が起こりました。幕府や奉行所は、隠れキリシタンの事を密告した者には「嘱託銀(しょくたくぎん)」という賞金を出していましたが、これがかなり高額だったようです。その結果、この嘱託銀の賞金欲しさに密告する、いわゆるユダによるものが多かったようです。このようにして、大量検挙されて潜伏組織が崩壊に瀕(ひん)してしまうことを「崩れ」と呼びます。「崩れ」は大村藩の郡崩れや豊後崩れ、そして美濃・尾張地方での濃尾崩れなど、各地で起こりました。




posted by 日本教会史 at 20:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。