2018年09月11日

二十四  最後の殉教者ーペテロ・バプチスタ

バプチスタ神父の願い

 ペテロ・バプチスタ神父は、全員が喜んでやりを受け、天に帰っていくのを見届けることができたのです。今や彼は、彼の霊の子どもたちや同僚たちと共に、天に帰るために、喜びながら、やりを受けることができるのです。 彼は、天を見上げて、くちびるを動かして祈りました。キリストが祈られたのと同じように、最後の祈りをしたのです。「父よ。わが霊を見てに委ねます。」と。そのとき、25人の鮮血で染まったやりが、ペテロ・バプチスタ神父を突き刺しました。       こうして、26人の処刑、が終わりました。日本で、初めての26人の殉教者たちが、喜んで天に帰っていったのです。この後に続く激しい迫害と殉教の先駆けとして。西坂の丘には、今も殉教者たちが残していった天の喜びが注がれています。 あなたも機会があれば、ぜひ祈りに訪れてください。
posted by 日本教会史 at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。