2018年08月31日

二十二  強いられた十字架ークレネ人シモンのように

「そこへ、アレキサンデルとルポスとの父で、シモンというクレネ人が、田舎から出てきて通りかかったので、彼らはイエスの十字架を、むりやりに彼に背負わせた」(マルコの福音書15章21節)

 西坂の丘で26人の処刑が始まり、最初に殉教したフェリペ。 彼は日本に来て、まだ4ケ月しかたっていなかった弱冠24歳の青年でした。 しかも、日本に来るつもりではなく、母国メキシコに司祭叙階のために帰国する予定だった船が難船したばかりに、日本に漂着してしまった人だったのです。 私はこのフェリペの事を思うたびに、聖書に出てくる一人の人を思い出すのです。それは、イエス様の十字架を、無理やり背負わされたクレネ人シモンのことです。
posted by 日本教会史 at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。