2018年08月25日

二十一  最初の殉教者ーフェリペ

 フェリペは、若き青春時代には、放縦な生活をしていました。それでも一度は、どこかに神さまの攻める声を聞き、悔い改めてフランシスコ会修練会に入会をします。しかし結局は、すぐに元の生活に、戻ってしまいました。 それからしばらくして、彼の事を心配する両親は、彼を何とかまじめな人間にしようと考えて、商業に従事させるため、フィリッピンに送ります。フィリッピンに渡った彼は、やがて安逸な生活にも飽き、再び決心して、マニラのサン・フランシスコ修道会に入会させてもらおうと願いに行きます。 院長は、すぐには受け入れず、その申し出を主の前で祈り熟考した末に、彼を受け入れることにしました。

posted by 日本教会史 at 21:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。