2018年07月06日

十三  険しい峠ー俵坂峠

難渋を極めた道

 1月3日に、京都の耳そぎで始まった殉教の旅も、まもなく終わろうとしていました。 ひと月近く続いた天国へのこの旅は、冬のさなかでもあり, 道はぬかるみ、非常な難渋を極めたようです。しかし26人の心の中には、イエス・キリストへの信仰と愛があふれていました。天国への希望が、満ちていました。ですから、体は弱り果てていても、彼らの表情は喜びに満ちて明るかったのです。

posted by 日本教会史 at 02:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。