2018年06月29日

十二  死刑執行人、寺沢半三郎の苦悩ー三つの願いを退ける

今もそこには。天を思わせる臨在が、注がれています。 この山本で、26人の死刑執行人代理の寺沢半三郎に、彼らは引き渡されます。寺澤半三郎は、無邪気な3人の少年を処刑し殺さねばならないことで、心は暗くなっていました。それで何とかしてルドビゴを助けようとしたのですが、この少年は決してイエス・キリストへの信仰を捨てなかったのです。
posted by 日本教会史 at 06:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。