2018年05月14日

三  序章3ーエンディングストーリー

 殉教者たちの物語は、まだ終わっていません。完結していないのです。 殉教者たちの血の報いである魂の大収穫、リバイバルがこの国を訪れるその時、彼らの物語は完結します。 私たちが今、二六聖人をはじめとする殉教者たちの足跡をたどり、彼らから神さまの語りかけを受けようとしていることの目的は、ここにあります。 命を懸けてまで従い通した殉教者たち、彼らから、そのバトンをしっかりと受け継いで この終わりの時代を 私たちは走りぬくのです。 
posted by 日本教会史 at 04:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。