2017年08月09日

捕縛7

しかし長崎奉行は、
浦上の農民たちが囚人たちを
うばい返しに来るかもしれないと思い、

2日後には小島に新牢を造り、
そこに移しました。

そこから仙右衛門、
与五郎、寅五郎、又市などは、
取り調べのために、
たびたび西役所に
引き出されました。
posted by 日本教会史 at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。