2015年09月24日

最後の願いD

群衆を恐れ、自分の立場を守るためにイエスを群衆にわたして十字架につけたピラトのように、半三朗は秀吉を恐れ、自分の立場を守るために、殉教者たちの願いを退けたのです。


Like Pilatus who let people dominate Jesus with fear of people and purpose to keep his position,  Hanzaburo got afraid of Hideyoshi and refused wishes of martyrs to keep his own position.
posted by 日本教会史 at 08:50| Comment(0) | martyrdom, 殉教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。