2019年12月09日

四十  浦上四番崩れ4−一村総流罪

1月5日の朝、振遠隊という長崎守備の兵士たちが浦上に出張して、男子たる戸主700人を集め、大雪の中、終日役所の庭に立たせた末、夕方になってから長崎港(大波止)に集まっていた12隻の汽船に彼らを乗せました。翌6日には先に萩、津和野、福山に流された114人の家族を召喚して、彼らも夕方、その汽船に乗せました。また700人の残りの家族に対しても検挙が始まり、男も女も、老人も子どもも、みんな勇んで家を出ました。あるものは汽船で、ある者は和船で、ある人は長崎港の大波止から、他の人は時津(時津)からというふうにして、いろいろな船で20ヶ所に流されたのです。
posted by 日本教会史 at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四十  浦上四番崩れ4−一村総流罪

そして1870年1月1日、突然、残された戸主700人に、明朝六時(午前6時)までに立山役所に集まれと出頭命令が出ました。あまりにも突然だったので出かけている者もあり、5日に改めてほしいと信者が申し出、役所もそれを許しました。その中に長崎にいる各国領事をはじめ、たまたま長崎に来ていたイギリス公使パークスたちが県知事に掛け合って、なんとかやめさせようとしましたが、知事は「東京政府から出た命令なので何ともしがたい」と突っぱねたのです。
posted by 日本教会史 at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする