2019年10月14日

三十三  キリシタンの潜伏5−バスチャンの4つの予告預言

外海の形右衛門
ところがある日、大きな黒船がやってきたと言って人々が騒いでいるのです。彼は小高い丘に登って、そのところを打ち眺めました。「これじゃ。これがバスチャンさまの預言の黒船じゃ。、じゃが、わしはコンヘソーロに会うて、コンヒサンを申すまでは生きておらぬ」そう言って、彼は涙をこぼしたのです。
posted by 日本教会史 at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする