2019年10月11日

三十三  キリシタンの潜伏5−バスチャンの4つの予告預言

信徒発見がされるまでの7代250年間、信仰を守り通した浦上のキリシタンたち。彼らが信仰を継承し、守り続けることができたのは、帳方・水方・聞役というしっかりとした地下組織と 日本人伝道士セバスチャンが残した「バスチャンの日繰り」があったからです。そして実は、もう一つとても大切なことがあります。 それは、バスチャンが残した4つの予告預言でした。
posted by 日本教会史 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする