2019年08月10日

二十四  最後の殉教者ーペテロ・バプチスタ

殉教の後で
実は この二十六聖人の殉教の後、殉教に加わっていた一人の役人が、回心したと言われています。ちょうどキリストの十字架の下にいた ローマ兵の百人隊長が[この方はまことに神の子であった」とキリストの十字架気付いたように、役人たちの中の一人が、26人の殉教を通して、彼らの信じているキリストこそが、本当の救い主だと、気づいたのです。しかし、それが誰なのかは、残念ながら定かではありません。もしかすると、半三郎だったかもしれませんが・・・。
posted by 日本教会史 at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする