2018年09月10日

二十四  最後の殉教者ーペテロ・バプチスタ

「この方はまことに神の子であった」(マルコの福音書15章39節)

 西坂の丘の上に立てられた26本の十字架の上に、合図とともに、やりが突き刺さります。東と西の端から、一人また一人と、鮮血とともに26人は、次々にじゅんきょうしていきました。 東と西の端から始まったこの処刑も、やりを突き刺す執行人たちが、中央で出会うときには、26人全員の処刑が終わろうとしていました。 けれども、ただ一人、最後まで残された人がいました。 それは、ペテロ・バプチスタ神父でした。
posted by 日本教会史 at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする