2016年11月30日

バスチャンの日繰りB

長い迫害の中で、
浦上はもとより外海・五島・長崎地方のキリシタンたちが
信仰を伝承しえた力のひとつは、
この「日繰り」であったと言っても
決して過言ではないのです。
ではどのようにしてこの「日繰り」はできたのでしょう。

2016年11月29日

バスチャンの日繰りA

彼は「バスチャンさまの日くり」という、
1934年の大陰暦によるキリシタン暦
(受難週や復活祭、聖霊降臨日や降誕節など)
を残しました。
この影響は非常に大きなものがあります。

2016年11月28日

バスチャンの日繰り@

この地下組織のほかに、
もうひとつ彼らが250年間
信仰の灯をともし続けるのに大きな原動力となったものがあります。
それは神父たちが殉教してしまった後に、
信徒を指導していた日本人伝道士
バスチャンの存在でした。
彼の洗礼名はセバスチャンと言いましたが、
略してバスチャンと呼ばれていました。
彼の日本名はいまもわかっていません。