2016年09月28日

十字架を背負ってB

キリストのそばに置かれた12弟子たちがキリストと聖霊によって造り変えられて
いったように、彼らも殉教への道の中で
神により近づけられ、変えられていったのです。

長崎への道の途中で殉教者に加えられたペトロ助四郎とフランシスコ吉や、日本に来てわずか数ヶ月で捕らえられ殉教者の中に入れられたフェリペを見ているとそんなふうに思えてきます。

十字架を負ってA

だからこそ、たとえばマチヤスのように自ら進んで同じ洗礼名をもつ人間に代わって
捕らえられることができたのでしょう。

京都で捕らえられてから
西坂の丘で殉教するまでのひと月の長崎への道は、彼らにさらに深く十字架を負うことを教えてくれたことでしょう。
その道の中で彼らはさらにキリストに近づき、十字架の深みへと導かれ、喜んで殉教していったのです。
彼らに許された殉教という十字架を負うために、主はひと月の備えのときを彼らに与えられたのです。

posted by 日本教会史 at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十字架を負って@

彼らにとって殉教は確かに十字架でした。
けれどもその十字架を喜んで彼らが
負うことを選べたのは、
それまでの日々の生活の中で
彼らがすでに十字架を負っていたから
なのではないでしょうか?

人若し我に従わんと欲せばH

キリストが選ばれた弟子たちは、
ガリラヤの無学な普通の人たちでした。
けれども、彼らは
主に呼ばれたときにすぐに従いました。
同じように26聖人たちも
主にすぐに従う心を持っていたのです。

2016年09月26日

人若し我に従わんと欲せば⑻

26聖人たちはキリストのように受け取ったのです。
しかも喜んで・・・。
それができたのは彼らが「聖人」で特別だったからなのでしょうか。
私は26聖人が特別な聖人だったからできたのだとは思えないのです。

私は彼らを慕っています。
彼らの信仰に学び彼らに倣いたいと思っています。
とても彼らを尊敬しているのです。
けれども彼らもやはり私たちと同じ弱さを持っている罪人だったと思うのです。
ただ彼らは主に従いたいと心から願っていました。
彼らは本当に主を愛していたのです。
その愛と従いたいという心からの願いが、
彼らを殉教にまで導いていったのでしょう。

人若し我に従わんと欲せばF


また、キリストが捕らえられたとき、
祭司長たちと全議会による誹謗と偽証による不法な裁判において大祭司の前で黙っておられたように、彼らも妬みによって殉教という十字架につけられることを黙って引き受けたのです。



キリストがパリサイ人や律法学者たちの妬みによって十字架につけられたのと同じように・・・・。
また、キリストが捕らえられたとき、
祭司長たちと全議会による誹謗と偽証による不法な裁判において大祭司の前で黙っておられたように、彼らも妬みによって
殉教という十字架につけられることを
黙って引き受けたのです。

posted by 日本教会史 at 17:29| Comment(0) | martyrdom, 殉教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人若し我に従わんと欲せばE

また、キリストが捕らえられたとき、
祭司長たちと全議会による誹謗と偽証による不法な裁判において大祭司の前で黙っておられたように、彼らも妬みによって殉教という十字架につけられることを黙って引き受けたのです。



キリストがパリサイ人や律法学者たちの妬みによって十字架につけられたのと同じように・・・・。
また、キリストが捕らえられたとき、
祭司長たちと全議会による誹謗と偽証による不法な裁判において大祭司の前で黙っておられたように、彼らも妬みによって
殉教という十字架につけられることを
黙って引き受けたのです。

人若し我に従わんと欲せばD

昨年の9月号から12月号まで
4回にわたって
26聖人の足跡をたどりながら、
京都での捕縛から長崎での殉教までの話を書いてきました。
5回目になる今回は、
26聖人について書く最後になります。
今回は、この御言葉を通して彼らの生涯と
殉教を見ていきたいと思います。
そしてそこから主の語りかけを聞きたいと思います。

人若し我に従わんと欲せばB

昨年の9月号から12月号まで
4回にわたって
26聖人の足跡をたどりながら、
京都での捕縛から長崎での殉教までの話を書いてきました。
5回目になる今回は、
26聖人について書く最後になります。
今回は、この御言葉を通して彼らの生涯と
殉教を見ていきたいと思います。
そしてそこから主の語りかけを聞きたいと思います。

人若し我に従わんと欲せばB

昨年の9月号から12月号まで
4回にわたって
26聖人の足跡をたどりながら、
京都での捕縛から長崎での殉教までの話を書いてきました。
5回目になる今回は、
26聖人について書く最後になります。
今回は、この御言葉を通して彼らの生涯と
殉教を見ていきたいと思います。
そしてそこから主の語りかけを聞きたいと思います。

2016年09月23日

人若し我に従わんと欲せばB

御言葉には力があります。
この丘に立って祈るとき、
この御言葉は静かに、
でも非常に力強く私に迫ってくるのです。
それはきっと26聖人がこの御言葉に生きて、証しを立てたからなのでしょう。
彼らの生涯はまさにこの御言葉の成就だったと言えるのです。

人若し我に従わんと欲せば@

人若し我に従わんと欲せば
己を捨て十字架をとりて我に従ふべし
(マルコ8章)

 26聖人が殉教した西坂の丘に、
いまは彼らのレリーフが建っています。
レリーフは26人の殉教者が並んで彫られており、そのちょうど真ん中の下の部分に
7本の十字架とともにこの御言葉が刻まれているのです。私が西坂の丘に立って祈るたびに、この御言葉は私の心に語りかけてきます。

強いられた十字架A

もし拒めば殺されるからです。
彼にとってイエスさまの十字架を背負っていくことは強いられた十字架だったのです。けれどもそれは主の彼に対する深い憐れみでした。
彼は十字架を背負いながら、カルバリの丘に向かっていくイエスさまのすぐ後ろを歩いてついていったのです。
十字架に向かうイエスさまのいちばんそばに彼はいたのです。
弟子たちは逃げていきました。
けれども彼は十字架を背負いながらイエスさまが十字架につけられたゴルゴタまでついていきました。
そして自分が背負ってきたその十字架につけられた方を
彼は見たのです。
十字架の真下で・・・・。

強いられた十字架@

フェリペのことを思うたびに
私は一人の人を思い出します。
それはイエスさまの十字架を無理やりに負わされたクレネ人シモンのことです。

 シモンは田舎からエルサレムに
過ぎ越しの祭りを見るために出てきただけでした。ところがちょうどそのとき、
イエスさまが十字架を背負って、
ビア・ドロローサを歩いていたところに
出くわしてしまったのです。
ローマ兵が彼の肩を槍で叩いたとき、
彼はもはや逃げることはできませんでした。

2016年09月22日

強いられた十字架D

フェリペはいまも天で私たちのこの国、
日本のためにとりなしていることでしょう。
主は彼の祈りに答えてくださいます。
 これから始まる日本のリバイバルの中で、主はご自身の憐れみによってフェリペやクレネ人シモンのように、たとえ自分の望や計画とは全くちがう十字架を強いられても、その中に主の御手を認め、
喜んで従って行く真のしもべたちを起こしていかれるのです。
そして私たちもたとえ弱く不十分であっても、主が強いられた十字架を逃げずに
しっかりと受け取ってついいていくならば、主はこの終わりのときに用いてくださるのです。

強いられた十字架C

フェリペはいまも天で私たちのこの国、
日本のためにとりなしていることでしょう。
主は彼の祈りに答えてくださいます。
 これから始まる日本のリバイバルの中で、主はご自身の憐れみによってフェリペやクレネ人シモンのように、たとえ自分の望や計画とは全くちがう十字架を強いられても、その中に主の御手を認め、
喜んで従って行く真のしもべたちを起こしていかれるのです。
そして私たちもたとえ弱く不十分であっても、主が強いられた十字架を逃げずに
しっかりと受け取ってついいていくならば、主はこの終わりのときに用いてくださるのです。

posted by 日本教会史 at 09:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強いられた十字架B

フェリペのことを思うたびに
私は一人の人を思い出します。
それはイエスさまの十字架を無理やりに負わされたクレネ人シモンのことです。

 シモンは田舎からエルサレムに
過ぎ越しの祭りを見るために出てきただけでした。ところがちょうどそのとき、
イエスさまが十字架を背負って、
ビア・ドロローサを歩いていたところに
出くわしてしまったのです。
ローマ兵が彼の肩を槍で叩いたとき、
彼はもはや逃げることはできませんでした。

強い入られた十字架@

フェリペのことを思うたびに
私は一人の人を思い出します。
それはイエスさまの十字架を無理やりに負わされたクレネ人シモンのことです。

 シモンは田舎からエルサレムに
過ぎ越しの祭りを見るために出てきただけでした。ところがちょうどそのとき、
イエスさまが十字架を背負って、
ビア・ドロローサを歩いていたところに
出くわしてしまったのです。
ローマ兵が彼の肩を槍で叩いたとき、
彼はもはや逃げることはできませんでした。

最初の殉教者 フェリペF

神の選びというのは不思議です。
日本で最初にキリストのために命を捧げたのは、日本人ではなく、
外国人(メキシコ人)だったのです。
しかも日本に来るつもりでなかった者を
あえて神は選ばれました。
6人の外国人神父の中で、
彼だけは自分でこの国に来ることを
選んだのではなかったのです。
もちろん人から強制されたのでも
ありません。
神ご自身が彼を選ばれ、
この国の殉教者として召し出されたのです。

最初の殉教者 フェリペE

自分のような本来祭司になれないようなものが祭司になることができるのは、ただただ主イエス・キリストの深いお恵みによるものです。
サン・フェリペ号が難船したのは、
この私を救い、殉教のお恵みに入れるため、主が許されたのです」


彼は自分の人生に許されたすべてのことを
心から感謝して受け入れたのです。
メキシコに向かっていたのに、日本に難船したことも、司祭叙階の代わりに、刑執行人に渡されたのも、すべての中に彼は主を認め、主の御手を見ていたのです。

最初の殉教者 フェリペD


「自分のような本来司祭になる資格さえないようなものが殉教のお恵みに預かることができるのは、ただただ主イエス・キリストの深いお恵みによるものです。
サン・フェリペ号が難船したのは、
この私を救い、殉教のお恵みに入れるため、主が許されたのです」


彼は自分の人生に許されたすべてのことを
心から感謝して受け入れたのです。
メキシコに向かっていたのに、日本に難船したことも、司祭叙階の代わりに、刑執行人に渡されたのも、すべての中に彼は主を認め、主の御手を見ていたのです。

最初の殉教者 フェリペC

この日本の最初の殉教者に選ばれました。
彼は決して優等生ではありませんでした。
いえそれどころか本当は司祭になれなかったかもしれない落ちこぼれだったのです。
その彼を主は選ばれたのです。
彼が選んだのではありませんでした。
むしろ彼にとっては強いられた十字架でした。
彼には自分で選ぶ余地はなかったからです。
それでも彼は喜んでいました。
彼はすべてのことのなかに神の御手を見

最初の殉教者 フェリペB

それから2年たった時に修院長はフェリペに司祭叙階(司祭になるための任命按手式)のために再びメキシコに戻るように命じました。そのときに彼の乗ったガレオン船「サン・フェリペ号」がメキシコに向かう途中遭難し、日本の土佐沖に漂着したのです。

こうして日本に最後に来たフェリペが、
しかも日本に来るつもりでなかったフェリペが、日本で最初の殉教者となりました。
時に、フェリペ24歳。
彼は日本に来てまだ4ヶ月しかたっていませんでした。

2016年09月21日

最初の殉教者 フェリペA

フェリペはイスパニア(スペイン)人の両親のもとメキシコで生まれました。若き青春時代は放縦な生活をしていました。
一度はどこかに神の責める声を聞き、
フランシスコ会修練院に入会しました。
しかし、すぐに元の生活に戻ってしまいました。やがて彼はフィリピンにわたり、そこでついに決心をしてマニラのサン・フランシスコ修道院に入会を願います。院長はその申し出を熟考した末に、彼を受け入れることにしました。

最初の殉教者 フェリペ@

 1597年2月5日水曜日、
西坂の丘に26本の十字架が立ちました。
殉教者たちはキリストと同じように、
その十字架につけられていました。
釘打たれたわけではありませんが、
彼らの手足はしっかりと鉄枷でとめてありました。


大名になる誘いを断って
神を選んだ12歳のルドビゴ茨木は
詩篇113篇を賛美しています。
その隣で13歳のアントニオが彼とともに銀の鈴のような
声で賛美しています。
彼はまだイエスさまを信じていない両親が
「十字架から降りてきて」と絶叫したときに「喜んでください」と言ったのです。