2016年08月31日

トマス小崎@

現在の三原城跡は新幹線三原駅
 いまから8年前の1988年の5月に
私たち夫婦は長崎に遣わされてきました 5月15日に東京で按手を受け、
臨月だった妻とともに、京都まで新幹線で行き、そこから、26聖人の足跡をたどって長崎まで来ました。
 私たちは、まず京都で戻り橋を渡り、
そこでしばらく祈りました。
そして再び新幹線に乗り、京都から大阪、そして兵庫、明石、姫路、さらに岡山、
尾道と、彼らの足跡を追いかけ、ついに三原につきました。
私たちはそこで降りて一泊したのです。

ここは殉教した26聖人の一人であった
トマス小崎がお母さんに手紙をしたためたところです。彼はまだ15歳の少年でしたが、48歳の父ミカエル小崎とともに
殉教したのです。伊勢生まれの弓師であった父ミカエル小崎とともに、彼は西坂の丘で十字架にかけられて処刑されるのです。

2016年08月30日

少年ルドビコ茨木D

私は何度か、この12歳のいたいけなルドビゴ茨木少年が神を選んだ山本の村へ、足を運びました。山本の村を流れている川の堤防に腰をかけながら、天を見上げて祈っていると、深い神のご臨在がいつも注がれてきます。この少年の目は朽ちることのない天に向けられていたのです。
彼は天がどれほど確かな報いであるかを知っていたのです。
だからこそ彼は地上のどんな誘惑にも動じませんでした。
ごちそうにもドレスにも長寿や大名という肩書きにも・・・
そう、彼は確かに知っていたいたのです。
天の報いの確かさを。


2016年08月29日

少年ルドビコ茨木B


「キリシタンを捨てることが条件だぞ。
それ以外のことは何でも許してやろう。
大目に見る。しかしいまのままの信仰ではだめだ。おれの養子になれ、あともう50年は生きられるぞ。おいしいものも食べられる。きれいな服も着れる。そのうえ、刀を差して武士になり、大名にもなれるぞ」

 半三郎は何とかしてルドビゴを助けようと言いました。
しかし、ルドビゴ少年は半三郎の目をしっかりと見てこう言いました。
「そうしてまで私は生きのびたいとは思いませぬ。なぜなら、終わりなき永遠の命を、たちまち滅びるつかのまの肉体の命とは代えられないからです。
 お武家さま、あなたのほうこそキリシタンにおなりになり、これから私が参りますパライソにおいでなさるのが、ずっとよいことです。あなたもキリストを信じて、私と一緒に天国に参りましょう」