2016年05月29日

最後の願いA

「処刑される前に長崎のパードレのだれかに告白する余裕を与えてほしい」「そして全員ミサにあずかり聖体拝領を受けたい」ということでした。

2016年05月28日

最後の願い@

時津から西坂までキリシタンの町を通っていくので、役人たちは彼らを早く歩かせました。そして浦上の小さな癩病院で休憩をとりました。


らは殉教するにあたって3つの願いを持っていました。それは「イエズス・キリストと同じ金曜日までに刑の執行を延期してほしい」(予定では2月5日の水曜日でした)

ゲツセマネ

  時津についたのは夜の11時頃でした。時津はキリシタンの町です。護送役人たちは、万一殉教者たちを奪い取られはしないかと心配し、警戒しました。それで26人の殉教者たちは上陸することも許されず、後ろ手に縛られたまま居心地の悪い舟の中でうずくまり、夜を明かしたのです。殉教者たちはこの夜ほとんど眠らないまま過ごしたようです。この夜が彼らの地上での最後の夜となりました。彼らにとって、この夜はまさにゲッセマネでした。
  時津の港に立ちながら、湾を眺めて祈っていると、私は彼らの息づかいが聞こえてくるような気がします。一ヶ月近くにわたる800キロの旅も明日終わろうとしていました。彼らの肉体は確かに弱りはてていたでしょう。けれども彼らの心には、主イエスへの愛と天国への確かな希望がありました。彼らの主に対する信仰は決してこの凍てつくような夜も失われることなく燃えていたことでしょう。
  翌2月5日の夜明けに、彼らは殉教する西坂の丘に向かって出発しました。ついに彼らの天国への勝利の凱旋の日が来たのです。

     It was around 11:00 at night. Togitsu was a Christian town. Escort officers were afraid if these martyrs might be grabbed, and took precautions.  Then they didn’t permit twenty-six martyrs even to get on the beach. Keeping to have their hands tied behind their back, they crouched down and spent night in uncomfortable boats.  It is considered that martyrs awaited the dawn without being able to sleep. This night became their last one on the earth. This night was certainly a Gethemane for them.
     Standing in the port of Togitsu and praying with watching the bay, I feel as if I were hearing their breathing. The 800 km journey was about to end on the next day after almost one month. It was true that their flesh got all weakened. But, they had love to the Lord Jesus and their assured hope toward heaven. Their faith in their Lord were burning not vanishing even at a frosty night.
     At dawn on the next day, February 2nd, they left for the hill of Nishizaka, where they would be martyred.  Eventually, it came the day of their triumphal parading to heaven.  p

2016年05月27日

ペテロバプチスタの涙A

  かつて日本にこのような宣教師がいたのです。死を前にして、殉教を前にして、自分のことや自分の母国のことも、そこにおいてきた家族のことも忘れて、この日本の宣教の働きのために涙を流さずにはおれなかった宣教師が。
  日本に必ずリバイバルがやってきます。神はペトロ・バプチスタ神父の涙を覚えていらっしゃいます。彼の祈りを心に刻んでおられます。そしてその祈りの答えとして、私たちを用いてくださるのです。
  私は何度も彼杵に行きました。そこに行くたびに主は私に語られます。「あなたは彼の涙の答えである」と。
  これから主がこの国になしてくださる終末における大きなリバイバルの働きは彼らの涙の祈りの答えでもあることを私たちは覚えているべきでしょう。そして、かつて私たちのこの日本のために、国も家族も捨てて福音を携え宣教に来て、喜んで殉教していった人々(宣教師)がいたことを私たちはしっかりと心に覚えるべきです。
  26人の殉教者たちは彼杵から凍てつくような夜の海を3隻の何の覆いもない小舟に分乗させられて時津まで行きました。しかも6人の外国人神父以外は、首に縄をかけられ、その縄で両手を後ろ手に縛られていたのです。


     Once, there were such missionaries in Japan. That’s the missionary who didn’t look after himself, his mother country, or even his family remained there, and who couldn’t help but weep for the missionary work in this Japan, even before the death and even before the martyrdom, 
     Revival absolutely comes to Japan. God remembers teas of Fr. Peter Baptist. He engraves his prayer in His mind. Then, He uses us as His answers to his prayer.
     I have been to Sonogi lots of times. Whenever I visits there, the Lord gives me His utterance. “You are the answer of His weeping.”
     We need to keep it in our mind that the work of big revival in the last days the Lord is going to perform would be the answer of their prayer with tears, too.  We should keep in remembrance that once there were people (missionaries) who came for missionary activities, leaving their mother countries and their own family, and were martyred with gladness. 
     These twenty-six martyrs divided into three little boats without covers, reached Togitsu from Sonogi through a frosty night sea. All of them were bound with ropes around their neck except for foreign priests, and their both hands were bound with those ropes behind their back.

ペテロバプチスタの涙@

  峠を下って彼杵の港に彼らは着きました。2月4日の夕方のことです。一同が平和な景色を眺めながら低い声でこれまでの出来事などを話し合っているとき、26人のリーダーであるペトロ・バプチスタ神父は少し離れて岩の上に腰を下ろしていました。そして静かに黙想していたのです。しばらくすると彼の目から涙が止めどもなく流れてきました。
「いまは、死地へ向かって進んでいる。イエズス・キリストを伝えたがために自分は死ぬ。これはこの上もない喜びではある。しかしこの国の宣教は始められたばかりなのに、それを受け継ぐべき同僚までもがともに死んでいくのだ。この国の宣教の働きはどうなるのだろう。自分が全身全霊を捧げたこの働きがガラガラと崩壊していく」
  彼が涙を流したのは自分の命のためでも、自分の生まれ育った国や家族のためでもなかったのです。
  彼はこの国のために、そうです、私たちの国、この日本のために泣いたのです。私たちの国、この日本の将来を思って泣いたのです。日本のキリシタンがこれから通るであろう苦しみを思って泣いたのです。

Going down steep mountain, they reached the port of Sonogi. It was a little after midday on February 4th. While the prisoners were quietly discussing recent events, gazing at at the peaceful countryside, Fr. Peter Baptist dropped back a few steps, sat on a rock, and began meditating. After for a while, tears uncontrollably started to come out of his eyes.
“I am marching to my death.  I am going to die for preaching Jesus Christ. I was given great joy. Even if missionary activities has only just begun in this country, his brothers in the Lord, who were supposed to succeed, are going to die, too. How is the missionary work going in this nation? The enterprise for which he had sacrificed everything is going to be undone.”
     It was not for his own life or the country he was born and grown up or his family that he wept.
     Yes. for this country, he wept for our country this Japan. He just did looking after future of this Japan our country. He cried watching over all the difficulties Christians in Japan would suffer from.  

2016年05月26日

26聖人の足跡を辿って


  1988年の5月に私たち夫婦は長崎に遣わされてきました。
  5月15日東京で按手を受け、臨月だった妻とともに、京都まで新幹線で行き、そこから26聖人の足跡をたどって長崎まで来ました。
  私たちは、まず京都でもどり橋を渡り、そこでしばらく祈りました。そして再び新幹線に乗り、京都から大阪、そして兵庫、明石、姫路、さらに岡山、尾道と彼らの足跡を追いかけ、ついに三原につきました。私たちはそこで降りて一泊したのです。
  ここは殉教した26聖人の一人であったトマス小崎がお母さんに手紙をしたためたところです。彼はまだ15歳の少年でしたが、48歳の父ミカエル小崎とともに殉教したのです。伊勢生まれの弓師であった父ミカエル小崎とともに、彼は西坂の丘で十字架にかけられて処刑されるのです。

     We, as a married couple, were sent to Nagasaki in May 1988.
     We got the laying on of hands in Tokyo on May 15th, went to Kyoto with my parturient wife by bullet train, and reached Nagasaki following the trace of the Twenty-six Martyrs of Japan from there. 
     First in Kyoto, we crossed over Modori-bashi (Returning bridge), where we did prayer for a while.  Then, we went aboard a bullet train, passed following in their footsteps from Kyoto to Osaka, Hyogo, Akashi, Himeji and furthermore Okayama and Onomichi, and finally reached Mihara, where we got off and stayed overnight.
     Here’s the place where Thomas Kozaki, one of the Twenty-six Martyrs of Japan, wrote to his mother. He was only a 15-year-old boy, but was martyred together with his 48-year-old father Michael Kozaki. He was executed on the cross on the hill of Nishizaka, together with his father Michael Kozaki, a native of Ise province and a maker of bows and arrows. 

トマス小崎の手紙A


  1597年1月19日の夜、三原城の牢獄で、15歳のトマス小崎は、深夜に見張りの目を盗んで涙ながらに、この別れの手紙を母マルタに書いたのです。しかし囚人として護送されているので母に届ける術はありませんでした。彼は父ミカエルにこの手紙を渡します。父ミカエルはそれを肌着の下に身につけました。殉教の後、父ミカエルの懐から血に染まったこの手紙を、ポルトガル人が発見したのです。
  15歳の少年の心は、自分の命ではなく、愛する母と弟たちに向けられていました。彼は自分と父がもう間もなく死を迎えることに関して何の恐れも心配もなかったのです。彼はむしろ喜んでいました。天国に対してはっきりとした希望と確信を持っていたからです。けれども残された母とまだ幼い弟のことが彼の心をよぎったことでしょう。しかし彼はその母と弟も主の御手の中にゆだねて主を信頼しました。
  私は新幹線の三原駅のすぐそばにある三原城跡にたたずみながら、しばらく祈り、主に聞きました。この15歳の少年の中にある、主への信仰と天国への希望は、いったいどこで育まれ、培われてきたのでしょうか。そのとき主は答えをくださいました。「それは、家族である」と。

     On the night of January 19th in 1597, hiding it from the eyes of the guards and crying, 15-year-old Thomas Kozaki wrote this farewell letter to his mother Martha.  Since he was being sent on guards as a prisoner, he had no way to let his mother receive.  He passed this letter to his father Michael.  His father Michael attached it beneath his underwear.  A Portuguese found this letter stained with blood after the crucifixion within the garments of his father Michael.  
     The 15-year-old boy was only concerned about his beloved mother and younger brothers, not his own life. He had no fear or anxiety about his father and he himself would come to death very soon.  He’d rather be glad. Because he clearly had hope and assurance toward heaven.  But it is sure that he might come across his remained mother and little infant brothers. However, he commended his mother and little brothers into the hand of the Lord and trusted on Him.
     Standing in the ruins of the Mihara castle close by Mihara station of bullet train, I prayed for a while and asked the Lord.  It was where the faith to the Lord and hope toward heaven had been nurtured and given.  Then, the Lord answered. That’s “It’s family."

トマス小崎の手紙@

「母上様、神のみ恵みに助けられながら、この手紙をしたためます。
  罪標に記されている宣告文にあるように、パードレ以下私たち二十四名は、長崎で十字架につけられることになっています。どうか私のことも、父上ミカエルのことも、何一つご心配くださいませんように、パライソ(天国)で母上様とすぐにお会いできるとお待ちしております。
  たとえパードレ様がいなくても、臨終には罪科を心から熱心に悔い改め、イエズス・キリストの幾多のみ恵みを感謝なされば救われます。この世ははかないものでありますから、パライソ(天国)の永遠の全き幸福をゆめゆめ失わぬようにお心がけください。人が母上にいかなることをしようとも、忍耐し、かつすべての人に多くの愛をお示しください。
  それからとりわけ弟マンショとフィリポに関しては、彼ら二人を異教徒の手にゆだねることのないように、よろしくお取り計らいください。私は母上様のことを我らの主にお願いし、おゆだねいたします。母上から私の知っている人々によろしく申し上げてください。
  母上様、罪科を悔い改めることを忘れぬよう、再び重ねてお願い申し上げます。なぜなら悔い改めだけが唯一の重大なことなのですから、アダムは神にそむき、罪を犯しましたが、悔い改めとあがないによって救われました。
  陰暦十二月二日
  安芸国三原城の牢獄にて」

“Dear Mother, I am writing this letter with help of God’s grace.   
     As testified in the sentence that is carried on a board, the priests and the others are journeying to be crucified in Nagasaki number in all twenty-four. You should not worry about me and my father Michael.  I am waiting in paradise, hoping to see you very soon.  
     Although you need the priests, if you are earnestly repenting your sins with all of your heart at the hour of your death and if you are giving thanks for the many blessings of Jesus Christ, then you will be saved.  And bear in mind that everyone in this world has to come to an end, and so strive so that you will not lose the eternal total happiness of paradise (heaven).  No matter what men impose on you, try to be patient and show much charity for everyone.
     In particular, regarding my two younger brothers, Mancius and Philip, don’t allow them to fall into the hands of heathens.  I commend you to our Lord and ask you to send my greeting to everyone I know. 
     I eagerly repeatedly ask you to remember to repent your sins, for this alone is important.  Adam was saved by his repentance and the redemption although he sinned against God.
     The 2nd day of the Twelfth Moon, in Mihara fortress, in the kingdom of Aki."

26人の殉教

  約400年前、ポルトガルやイスパニヤ(現スペイン)から、カトリックの宣教師たちが命がけで日本を目指しました。彼らによって初めて日本に福音が伝えられたのです。
     宣教が許可されたしばらくの期間の後、キリスト教は禁止され、1597年に日本で最初の殉教が起こります。そのとき殉教したのが「日本最初の殉教者」と言われている日本26聖人です。
     彼らもまた、神によって選ばれた人たちでした。彼らの殉教に関しては、来月から詳しく書いていきます。ここでは簡単に述べましょう。
     時の権力者太閤秀吉は、キリスト教を迫害し、京都・大阪で24人を捕らえ(後に26人となる)、長崎の西坂の丘で殺すように命じたのです。秀吉は長崎に多くのキリシタンたちがいることを知っていたので、彼らへの見せしめのために、26人を長崎にまで連れて行き、十字架にかけさせたのです。
     ところが秀吉の思惑とは逆に、26聖人の殉教の後に長崎にリバイバルが起こりました。


   About 400 years ago, Roman Catholic missionaries from Portugal and Hispania (modern Spain) desperately aimed at Japan. Thanks to them, the Word of God was proclaimed in Japan for the first time. 
   Christianity was banned after the period of preaching the Gospel was permitted.  In 1597, the first martyrdom took place in Japan. It’s the Twenty-six Martyrs of Japan called “The First Martyrs of Japan” that were martyred.
   They also were God’s chosen ones. I will write in more detail about their martyrdom from next month. I simply mention now.
   The reining Hideyoshi, the absolute ruler of Japan, persecuted Christianity, and ordered to arrest twenty-four (later twenty-six) people in Kyoto and Osaka and execute on Nishizaka hill in Nagasaki. Since he knew a lot of Christian lived in Nagasaki, he brought along the twenty-six to Nagasaki and executed them on the crosses as an example to people.
   On the contrary, it didn’t turn out as Hideyoshi wished. After the martyrdom of the Twenty-six martyrs of Japan, a revival took place in Nagasaki.

2016年05月25日

二十六の十字架A

 その中には26人の中で最年少の少年12歳のルドビゴ茨木もいました。彼は佐賀の山本村で、半三郎の「養子になれ」との申し出を断り、神さまを選んでこの西坂の丘に着くと、そこにいた役人に聞きました。
「私のかかります十字架はどれですか」
 役人は彼を見て、「おまえのかかる十字架は、あそこにある一番小さいあの十字架だ」と指さしました。するとルドビゴ茨木はにっこりほほえんで駆け寄り、その十字架を抱きしめて頬ずりし、口づけしたのです。
 刑執行人たちは彼らを十字架につけ始めました。手足と首を鉄枷で止め、腰を紐で結んで体を固定させ、ぴったりと十字架につけました。そして掘ってあった穴のふちに十字架の根もとをあてて徐々にすべらせ、ついに十字架は穴に立てられたのです。そして26本の十字架が西坂の丘に立てられました。26人の殉教者たちとともに……。

Twenty-Six Crosses 2

Luis Ibaraki, the youngest 12-year old boy was among the twenty-six. He refused the request,"Be my adopted son" from Hanzaburo in Yamamoto Mura, SAga, and chose God. Arriving on the hill of Nishizaka, he asked guards there.
"Which is my cross I would be put?"
The guards indicated looking at him,"The cross you will be put is the smallest one over there." And Luis Ibaraki ran up to his cross with smile, and embraced and rubbed his cheek with the cross, and then kissed.
The executioners began their task of attaching the bodies to the crosses.  Fastening iron clamps around the neck, hands and feet,  they tied around the waist with a cord to keep the body steady. They fastened to the crosses fitly.  And they maneuvered the foot of each cross next to the hole that had already been dug and let it slip down inside.  Then, twenty-six crosses got straightened upright on the hill of Nishizaka. With twenty-six martyrs……..

二十六の十字架


 西坂の丘に26の穴が掘られ、その一つ一つの前に真新しい26の十字架が一本ずつ置いてありました。それらは注意深く削られ、入念に作られていました。十字架の高さは、ほとんど2メートル以上もあり、両腕を止める長い横木と、それよりやや短い足をおさえる横木がついていました。その一つ一つの十字架に5つの鉄枷がついていて、1つは首を、2つは手首を、残りの2つは足首を十字架に固定するようになっていました。またその中間に止め木があって殉教者が腰掛けるようになっていました。
 午前9時半、26人の殉教者たちは西坂の丘につきました。彼らは自分の十字架を示されるや、小躍りしつつ走り寄り、自分のつけられる十字架を抱きしめたのです。

Twenty-Six Crosses 1

Twenty-six holes were dug on the hill of Nishizaka, and each cross of twenty-six span-new ones was lying before each dug hole. They were cut away carefully and made elaborately. The height of cross was over two meters, and had a larger crossbar to tie both hands and a smaller one to hold legs. Each cross had five iron shackles to keep steady to the cross with one for neck, two for both wrists, and the last two for both ankles.  And there was a protruding seat for a martyr to sit in between them.

At 9:30 in the morning, twenty-six martyrs arrived on the hill of Nishizaka.  As soon as their own crosses were shown, they ran up dancing, and embraced their own crosses the

2016年05月24日

26聖人の殉教

     約400年前、ポルトガルやイスパニヤ(現スペイン)から、カトリックの宣教師たちが命がけで日本を目指しました。彼らによって初めて日本に福音が伝えられたのです。
     宣教が許可されたしばらくの期間の後、キリスト教は禁止され、1597年に日本で最初の殉教が起こります。そのとき殉教したのが「日本最初の殉教者」と言われている日本26聖人です。
     彼らもまた、神によって選ばれた人たちでした。彼らの殉教に関しては、来月から詳しく書いていきます。ここでは簡単に述べましょう。
     時の権力者太閤秀吉は、キリスト教を迫害し、京都・大阪で24人を捕らえ(後に26人となる)、長崎の西坂の丘で殺すように命じたのです。秀吉は長崎に多くのキリシタンたちがいることを知っていたので、彼らへの見せしめのために、26人を長崎にまで連れて行き、十字架にかけさせたのです。
     ところが秀吉の思惑とは逆に、26聖人の殉教の後に長崎にリバイバルが起こりました。


   About 400 years ago, Roman Catholic missionaries from Portugal and Hispania (modern Spain) desperately aimed at Japan. Thanks to them, the Word of God was proclaimed in Japan for the first time. 
   Christianity was banned after the period of preaching the Gospel was permitted.  In 1597, the first martyrdom took place in Japan. It’s the Twenty-six Martyrs of Japan called “The First Martyrs of Japan” that were martyred.
   They also were God’s chosen ones. I will write in more detail about their martyrdom from next month. I simply mention now.
   The reining Hideyoshi, the absolute ruler of Japan, persecuted Christianity, and ordered to arrest twenty-four (later twenty-six) people in Kyoto and Osaka and execute on Nishizaka hill in Nagasaki. Since he knew a lot of Christian lived in Nagasaki, he brought along the twenty-six to Nagasaki and executed them on the crosses as an example to people.
   On the contrary, it didn’t turn out as Hideyoshi wished. After the martyrdom of the Twenty-six martyrs of Japan, a revival took place in Nagasaki.

神の選び

このように、主が約束されていたことは、ステパノの殉教を通してことごとく成就していったのです。ステパノの殉教とエルサレム教会に対する激しい迫害は、福音宣教を後退させるどころか、逆に大きく前進させ、地の果てにまで福音が伝えられていく大きなきっかけとなりました。

God's Choice

In such a way, what the Lord had promised were completely fulfilled through the martyrdom of Stephen.  Instead of moving backward, rather Stephen’s martyrdom and a great persecution advanced the evangelization, and became quite the beginning for the Good News to be preached to the ends of the earth.

ステパノの殉教によってA


 パウロは主の弟子たちに対する脅かしと殺害の意に燃えていました。ところが、道を進んでいる途中、ダマスコの近くで突然主の光に照らされ、主の声を聞き、主に出会うのです。
 やがて彼は回心し、サウロからパウロとなり、異邦人の器として地の果てにまで福音を伝える者となっていきます。パウロを通して使徒1章8節の約束は「地の果てにまで」という最後の部分まで成就するのです。
 しかし、このパウロの働きも、ステパノの殉教が一つの土台となっていることを忘れてはなりません。パウロはステパノを殺す事に賛成し、現場で着物の番をしていました。パウロの心に、ステパノの殉教の姿は強烈に残っていたことでしょう。
 ステパノが最後にひざまずいて、「主よ。この罪を彼らに負わせないでください」と大声で叫んだ祈りは、死に至るまでパウロの心にこだまし、いつも彼に神の恵みを思い起こさせ、与えられた使命に自らを駆り立てる原動力になったはずです。

2016年05月20日

ステパノの殉教によって

殉教というこの恵み、この特別な恵みにいちばん最初に選ばれたのが、ステパノです。
 ステパノは聖霊と恵みに満ちた人でした。食卓に仕える誠実で忠実な神のしもべでした。彼の日常は「神、ともにいます」喜びに満ちたものでした。
 ステパノは恵みと力とに満ちており、人々の間ですばらしい不思議なわざとしるしを行っていました。しかし、まっすぐに御言葉を宣べ伝えたせいで、やがて捕らえられ(使徒6章)、町の外に追い出され、石で打ち殺されて殉教します(使徒7章)。
 ステパノが殉教した日、エルサレムのクリスチャンに対する激しい迫害が起こりました。使徒たち以外の者はみな、ユダヤとサマリヤの諸地方に散らされてしまいます。
 ところが、この散らされた人たちが、御言葉を宣べながら、ユダヤとサマリヤの諸地方をめぐり歩いたのです(使徒8章1、4節)。こうして1章8節の後半は「ユダヤとサマリヤの全土」という部分まで成就しました。

2016年05月19日

殉教は遠く世界のことか

殉教」は、いまのような平和な日本においては現実味のうすい話です。まして殉教ということを真剣に受けとめて祈っている教会があるなら、多くの人に奇妙な印象を与えることでしょう。ところが、私の導かれた教会は、その殉教を真剣に受けとめて祈っている教会でした。
   私自身、この群れの中に導かれて殉教という言葉を初めて聞いたとき、とても遠いことのように思われ、とまどいました。けれども、聖書をひもといて御言葉を調べ、日本の教会の歴史を見ていくと、殉教は決して極端なことでも遠くの世界のことでもないと、気づき始めたのです。
   また、私たちが自分たちの国や自分たちの教会という枠をはずして、世界に私たちの目を向け、海外宣教に出て行くならば、殉教に対する意識は大きく変わっていくでしょう。
   いまは、宣教史上でもっとも多くの殉教者が出ていると言われている時代です。宣教史ににおいては、殉教は決して極端でもおかしなことでもなく、むしろ迫害と殉教の中でこそ、キリストの福音は宣べ伝えられ、広がり続けてきたと言っても過言ではないのです。

喜んで十字架をしのんだ人たち

  「殉教」は、いまのような平和な日本においては現実味のうすい話です。まして殉教ということを真剣に受けとめて祈っている教会があるなら、多くの人に奇妙な印象を与えることでしょう。ところが、私の導かれた教会は、その殉教を真剣に受けとめて祈っている教会でした。
   私自身、この群れの中に導かれて殉教という言葉を初めて聞いたとき、とても遠いことのように思われ、とまどいました。けれども、聖書をひもといて御言葉を調べ、日本の教会の歴史を見ていくと、殉教は決して極端なことでも遠くの世界のことでもないと、気づき始めたのです。
   また、私たちが自分たちの国や自分たちの教会という枠をはずして、世界に私たちの目を向け、海外宣教に出て行くならば、殉教に対する意識は大きく変わっていくでしょう。
   いまは、宣教史上でもっとも多くの殉教者が出ていると言われている時代です。宣教史ににおいては、殉教は決して極端でもおかしなことでもなく、むしろ迫害と殉教の中でこそ、キリストの福音は宣べ伝えられ、広がり続けてきたと言っても過言ではないのです。

2016年05月18日

あとがきD

そのことを、かつての浦上の人たちは知っていました。しかし今、かつて浦上の人たちが命をかけて守り続けたもの。
「キリストへの信仰」。
それは、どこにあるのでしょうか。



時代は週末の様相を示してきています。今こそ私たちは目を覚まして、キリストへの信仰を取り戻し、
キリストとともに神さまの用意された本当の祝福の道を歩むべき時なのです。

2016年05月16日

あとがきC

イエス・キリストは、何一つ罪を犯されませんでした。しかし私たちが自分で、どうすることもできない罪と、弱さと、
その結果もたらされるすべての呪いと病気を、
イエス・キリストは、ご自分の身に負って、
私たちの罪の身代わりになって十字架で死んでくださったのです。

そして十字架で死ぬ直前に、こう言われました。「完了した」と。罪の代価はすべて払われました。
私たちは、ただ自分の罪を悔い改めてイエス・キリストの十字架を信じるだけで、
その時全く新しく生まれ変わることができるのです。

2016年05月14日

あとがきC

しかし私たちが自分で、どうすることもできない罪と、弱さと、
その結果もたらされるすべての呪いと病気を、
イエス・キリストは、ご自分の身に負って、
私たちの罪の身代わりになって十字架で死んでくださったのです。

そして十字架で死ぬ直前に、こう言われました。「完了した」と。罪の代価はすべて払われました。
私たちは、ただ自分の罪を悔い改めてイエス・キリストの十字架を信じるだけで、
その時全く新しく生まれ変わることができるのです。

2016年05月13日

あとがきA

「ウラカミ」。彼らが叫んだのは、まぎれもなくこの本に書いた浦上のことです。
この浦上には命をかけてキリストを信じ続けた人々がいました。
江戸時代の迫害下にあっても隠れキリシタンとして信仰を守り続け、
信仰が自由になる日を信じて待ち続けた人々が浦上にはいたのです。

あとがき@

「ウラカミ・ウラカミ」そう叫ぶ人々の声が、
ベルギーのブリュッセルでこだましました。
今から130年ほど昔のことです。
そして、この叫びが250年間禁止されていたキリスト教を、
この日本で自由にしたのです。

2016年05月12日

浦上四番崩れ 悲しみを喜びにG

浦上のキリシタンの歴史を見てきましたが、そこには、
主を愛して従う者に対する主の真実を見ることができます。
 彼らは待たされました。しかし主は遅れることなく、
ご自身の約束の時に、彼らを迫害から救い、助け出されました。
 主は決して裏切らないお方、約束を守られるお方、真実なお方です。

浦上四番崩れ 悲しみを喜びにF

 浦上のキリシタンの歴史を見てきましたが、そこには、
主を愛して従う者に対する主の真実を見ることができます。
 彼らは待たされました。しかし主は遅れることなく、
ご自身の約束の時に、彼らを迫害から救い、助け出されました。
 主は決して裏切らないお方、約束を守られるお方、真実なお方です。

浦上四番崩れ 悲しみを喜びにF

祈り、
そしてついに、わずか1600円で買い取ったのです(当時は米10キロ44銭)。
 かつて絵踏みをさせられた場所で、彼らはミサを行いました。


 主は彼らの涙を覚えておられ、迫害と殉教という火の試練を通した後に、
彼らの悲しみを喜びに変えられたのです。
 主は真実なお方です。そして主は正しく裁いてくださるお方です。