2016年04月29日

浦上四番崩れ ド・ロ神父と篤志看護師

篤志看護婦となったこの4人の娘たちは、
神父から看護法を教えてもらい、
恐ろしい伝染病がはやっている町々村々を回り、
大勢の人を助けました。
ド・ロ神父は毎夜、大浦天主堂に戻りました。
マキたちは家に帰ると家族に伝染させる心配があったので、
どこかに合宿することにしました。
そのとき高木仙右衛門が自分の小屋を提供しました。
そこで4人は共同生活を始めました。

浦上四番崩れ ド・ロ神父と篤志看護婦A

この救護活動を見て心を動かされ、
すぐにその案内と手伝い、
患者の身の回りの世話を申し出たのが
岩永マキでした。

マキが動いたのを見ると、
他にも守山マツ、片岡ワイ、深堀ワサという
女性たちも立ち上がりました。
彼女たちはみな、
「旅」の仲で迫害を受け、
拷問にかけられて
辛酸をなめてきた人たちでした。


浦上四番崩れ ド・ロ神父と篤志看護師@

浦上村民の窮状を見たド・ロ神父は、
毎朝4キロあまりの道を薬箱を下げて
大浦から浦上に通い、
病人の診療投薬に従事しながら、
予防措置を教えて回りました。



ド・ロ神父はただ脈をとり、
薬を与えるだけはなく、
患者一人一人に神のことばを語って
慰め励ましたのです。