2015年12月31日

少年ルドビゴ茨木A

彼はルドビゴに言ったのです。
「お前の命は私の掌の中にある。もし、私に仕える気があれば、お前を助けてつかわそうぞ。私の養子になれ」
ルドビゴ少年は答えました。「私はペトロ・バプチスタ神父(26人のリーダー)に従いまする。」

 それを聞いた神父は、
「キリシタンとしての生活が許されるなら、喜んでそれに従いなされ。」
と言いました。
それで、ルドビゴ少年は半三郎に答えました。
「ありがとうございます。それでは養子にさせていただきまする。
ただ一つだけお願いがあります。
キリシタンとしていまのままの信仰を持ち続けられるならば・・・」

少年ルドビコ茨木@

 2月1日に、唐津湾に遠からぬ村の山本で、殉教者の一行は、寺沢半三郎に引き渡されました。
半三郎は唐津城主寺沢広高の弟であり、
処刑の執行責任者である長崎奉行の職にありました。
  彼は名簿と囚人とを照合して受け取りましたが、そのとき彼の心は2つのことで痛んだのです。主人の中に彼の友人のパウロ三木と三人の少年がいたことでした。
とりわけ、元気で、いたいけな12歳のルドビゴ茨木を処刑にしなければならないと思うと彼の心は暗く重たくなりました。

2015年12月27日

2人が選び26人にA

下関についたときには、殉教者たちは26人となり、この二人ーーペトロ助四郎とフランシスコ吉ーーも囚人になっていたのです。しかし彼らの顔はきっと輝いていたでしょう。主とともにいる喜びと天国への希望に燃えて・・・・。

 26人となった殉教者の一行は、大阪から長崎までの約800キロにわたる長い距離を、ほとんど陸路で旅を続けました。
冬のさなかでもあり、道はぬかるみ、非常な難渋を極めたようです。
その苦しみを和らげ、大きな慰めとなり励ましとなっていたのが、最年少で12歳のルドビゴ茨木少年でした。彼は生来利発ではありませんでしたが、長崎への旅の道中でも、いつも明るく朗らかでとても元気のいい少年でした。
 もしかすると、彼らのほうから自分たちも殉教者の仲間に加えられるように願ったのかもしれません。事実、そのように書いてある書物もあります。
いずれにしても、この二人にとっても殉教は喜びであり、彼ら自身の選びだったのです。