2015年11月30日

キリスト教邪教観@

改まり1868年、明治新政府は沢宣嘉を九州鎮撫総督兼外国事務総督に任命します。彼は井上聞多(馨)を連れて3月7日に長崎に着任します。
新政府は4月7日に五榜の掲示を掲げ神道国教主義の政府方針を明らかにしました。
つまり神道により民心を一つにまとめようとしたのです。それは当然キリシタン弾圧を決定づけました。
五榜の掲示の第三札には次のように書かれていました。一、切支丹邪宗門之儀は堅く御禁制たり。若不審なる者之有れば、その筋之役所に申出可、御褒美下さる可事。 慶応四年三月    太政官

改心戻しB

ところが、庄屋は、怒りにわなわなとふるえて、大声でどなりつけました。
「この大ばかもの、あれだけの責め苦で転んだものが、改心戻しをすれば、その十倍もひどい責め苦にかけられ、しのぐことなどできるわけがない。その願いは取り上げるわけにはゆかぬ」


「ぜひに願いをいたしまつる。もし庄屋さまが受け付けてくださらないならば、代官に直訴をいたしまつる。」


庄屋はやむなく、その夜のうちに彼らの名簿を添えて長崎代官所に届けました。数日後、彼らは奉行所に呼び出されました。殉教覚悟で彼らは出頭しました。

改心戻しA

平生は強そうに見え、教理もよく知っている伝道士たちがみな転んでしまったのに、
無学で弱々しく見えた仙右衛門がひとり
信仰を守りとおしたので、転んだ連中は、恥ずかしくてたまらなくなりました。

それで仙右衛門にできたのなら、自分にもできないはずはないと、女性五人を含む38名の者が庄屋の門をたたいて「改心戻し」を申し出たのです。
改心戻しとは、一度転んで改宗しキリストを捨てたことを取り消して、もとのキリストへの信仰に戻すことです。