2015年10月25日

最初の殉教者 フェリペ⑺

神の選びというのは不思議です。
日本で最初にキリストのために命を捧げたのは、日本人ではなく、外国人(メキシコ人)だったのです。
しかも日本に来るつもりでなかった者をあえて神は選ばれました。
6人の外国人神父の中で、彼だけは自分でこの国に来ることを選んだのではなかったのです。
もちろん人から強制されたのでもありません。
神ご自身が彼を選ばれ、この国の殉教者として召し出されたのです。

2015年10月21日

最初の殉教者 フェリペE

彼は自分の人生に許されたすべてのことを心から感謝して受け入れたのです。
メキシコに向かっていたのに、日本に難船したことも、司祭叙階の代わりに、刑執行人に渡されたのも、すべてのことのなかに彼は主を認め、主の御手を見ていたのです。

2015年10月19日

最初の殉教者 フェリペD


彼はすべてのことのなかに神のみ手を見ていたからです。
「自分のような本来司祭になる資格さえもないようなものが殉教の恵みに預かることができるのは、ただただ主イエス・キリストの深いお恵みによるのです。
サン・フェリペ号が難船したのは、この私を救い、殉教の恵みに入れるため、主が許されたのです。」