2015年09月30日

最初の殉教者 フェリペA

26人のうちで最初に槍を受けて殉教したのは、メキシコ人のフランシスコ会修道士フェリペでした。
彼のつけられていた十字架の支え木が下に寄りすぎていたので全身の重みが鉄の首枷にかかり、彼は声を出すこともできず、窒息しそうになっていました。
そこで半三郎は執行人に合図をしました。
2人の執行人は、このメキシコ人を槍で突き、苦しみを断ちました。
十字架の上でけいれんが起こり、開かれた胸から2つの血の泉がふきだしました。
ついに殉教の血が流されたのです。

最初の殉教者 フェリペ@

26人のうちで最初に槍を受けて殉教したのは、メキシコ人のフランシスコ会修道士フェリペでした。
彼のつけられていた十字架の支え木が下に寄りすぎていたので全身の重みが鉄の首枷にかかり、彼は声を出すこともできず、窒息しそうになっていました。
そこで半三郎は執行人に合図をしました。
2人の執行人は、このメキシコ人を槍で突き、苦しみを断ちました。
十字架の上でけいれんが起こり、開かれた胸から2つの血の泉がふきだしました。
ついに殉教の血が流されたのです。

最初の殉教者 フェリペ@

26人のうちで最初に槍を受けて殉教したのは、メキシコ人のフランシスコ会修道士フェリペでした。
彼のつけられていた十字架の支え木が下に寄りすぎていたので全身の重みが鉄の首枷にかかり、彼は声を出すこともできず、窒息しそうになっていました。
そこで半三郎は執行人に合図をしました。
2人の執行人は、このメキシコ人を槍で突き、苦しみを断ちました。
十字架の上でけいれんが起こり、開かれた胸から2つの血の泉がふきだしました。
ついに殉教の血が流されたのです。